2009/07/18(土)

VOCALOIDは肉声です。 このエントリをはてなブックマークに追加 

Filed under: VOCALOID,音楽 — KAY @ 16:27:00

……などとのたまってみましたが、断定口調でショッキングな見出しの方が訴求力が強い法則に従ったまでで、実際のところ

「VOCALOIDは肉声だと思うんだけどなあ……個人的に」

くらいの感覚です。

よく「あんな機械音声のどこがいいの?」みたいに揶揄されてますが。
なんかねー。違いますよね? これ。
だってボカロって、ちゃんと中の人が居て、声を録音してるし。
紛れも無い人間の声、肉声ですよね。
そりゃライブラリに落とし込む際には色々と加工が施されるんだろうけど。
でもそれって、ボカロを使わない曲でも同じですよね?

ボカロを機械音声だとか言ってる人って、当然Perfumeなんかも嫌いなんでしょーか。
でなきゃつじつま合わないもんなあ……。あれだけ大胆にピッチ補正やらなんやらで加工してるし。

そもそも、極論を言えばコンプひとつ掛けただけでそれはもう素のままの音じゃないですよね。
いや、もちろん判ってて極論言ってますよ?
どう線引きします? 軽くコンプ掛けただけの音源と、音声素片まで分解した音源。どちらも元は人間の声を収録したものです。
空間系エフェクトはセーフ? ピッチ補正までならセーフ?
うん、まあ、どこで線を引こうがそれは個人の勝手です。
人それぞれ、許せるライン、許せないラインがあるでしょう。
でもね、それってもはや、どれだけ加工してOKか? という話であって「機械音声だから」ダメって代物じゃないですよね。どこで線を引こうが。

うん、実はこれ、ボカロを批判すんなとかいう話じゃないんだ。
むしろ逆。じゃんじゃんやっちゃっていいよ。どうぞ批判して下さい。
ただし、機械音声とかいう的外れな認識による批判じゃなく、あなた自身の感性においてね。

えーと、最後に一番言いたかった事言いますね。
演奏や歌で魂が込められるというなら、打ち込みでだって魂込められると思ってます。
一打ち込み職人の意見ですが。
「魂込める」とか、精神論的な曖昧な物言いってあんまり好きじゃないんだけど、いい言葉が思い付かないので勘弁。

てゆーか早く中の人いらずのボカロ出ねーかな……。